So-net無料ブログ作成
検索選択

つくばマダムの定義 [つくばスタイル]

■『つくばマダムの生活』と大仰なタイトルをつけておりますが、私自身がマダムという訳ではありません。単なる、つくば市在住既婚女性の暮らしぶりととらえていただければ有り難いです。
■とはいえ、つくばマダム度をはかるチェックリストがちゃんとあり http://www2r.biglobe.ne.jp/~isobe/tsukuba/mam.html それによれば、〈夫はつくばの研究所勤務で高学歴、子供2二人に、自家用車2台。結婚後に夫の海外勤務に同行して1、2年の外国暮らし。現在は、公務員住宅にすんで、週末は家族でアウトドア。もちろん、子供の教育に熱心。〉という、アメリカ中産階級の暮らしぶりを踏襲するスタイルだそうです。
■大きな声では言えませんが、このチェックリストにぴったりのマダムたちは実在します! 学園地区の小学校の授業参観に行けば会えます。
■つくばエクスプレスが05年8月に開業の予定で、このつくばも大きく変わろうとしています。新しいつくばのマダム像は、どうなるんでしょうか。

 cf. blog のタイトル『つくばマダムの生活』を『予期せぬ効果』に変更したため、記事の内容に食い違いがあります。あしからず。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

毒ねこと毒うま [第1章 初級進級編]

私はひどいアレルギー体質で、いろいろなものに反応してしまう。
花粉症の鼻水と眼のかゆみは、途切れる時期がないし、アルコール分0.5%のビールでさえ軽い呼吸困難を起こしてしまう。
その中でいちばんつらいのが、とある猫になめられること。 唾液に対する反応だと思うのだが、「あれっ、んーこれは? もしかして?」と思っているうちに強烈にヒリヒリしだし、赤くなってかゆくなってしまう。 近所に住む人懐っこい猫なので、私は「毒ねこ」と呼んでびくびくしながらかわいがっている。 猫アレルギーの関連の情報を探すと、確かに猫の唾液に対するアレルギーは報告されているし、特に去勢をしていないオス猫には強い抗原性がみられるらしい。

今日は、馬装で馬になめられた。 ホースラグを脱がせるために馬の首元で金具をいじっていたら、おでこにチュろ。 ホルターをかけようとしたら手首をペロ。 「かまってほしい訳ね」と「よしよし、今日もがんばるぞ」といい気になっていたらやがて、やけどをしたようにヒリヒリし始めた。 急いで洗い、水でしぼったハンカチで冷やしてごまかしながらレッスンを受けた。
馬はからだが大きい分、刺激も強いのか? 今日の練習馬は、素直で人懐っこくてお茶目な馬なのでべったりとかわいがりたかったのに… 大好きなのに…
かくなるうえは、彼を「毒うま」くんと呼ぶことで、かなわぬ愛を胸に秘めていかねばならぬのであった。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。