So-net無料ブログ作成
検索選択

393鞍目 乗り納め [第11章 初級競技会挑戦編]

 2006-12-30(Sat) 中級初級合同クラス 通算393鞍目
■穏やかな冬の日差しに送られて、愛馬【霧丸】と今年最後のレッスン
「こんにちはっ」と馬の陰からひょっこり顔をのぞかせたのは、chari さん。
お休みに入ってビジターでいらしたそうな。
ひょえ〜、まさか同じレッスン枠ですか? これだから合同レッスンは油断ならない。
本日も5騎部班でにぎやかに練習。
馬順は【毒うま】【霧丸】【アウグスティヌス】【山桜】【チャンドラ・グプタ】
後ろにchari さん@【アウグス】がいるので妙に落ち着かない。
ブログ記録と実況の違いがバレてしまうぞお〜と意味なく緊張。
■この冬初めて、馬場の水たまりが結氷。
鏡の前の日陰部分にパリンと割れた氷が散らばっていて、コース取りに気を使う。
とは言え私より上手な人ばかりなので、それぞれの人馬がバラバラに動きながらも
しっかりと常歩運動させている。
■今日も自己課題の「姿勢を崩さないこと」に取り組む。
手綱をゆるゆるにしないよう短く持ち直して必死に親指で押さえるけれど、
肘が伸びてもっていかれそうになる。
「もちぇさん、手綱を短くしたら肘を伸ばしたままにしないようにね」と教官。
馬にもっていかれたままだと前傾になるし、手綱が緩んだら元の木阿弥。
脚を使って馬の首を招き寄せるのだった。
するする指の間から手綱が抜けていかないよう親指で押さえつける。
背筋で真直ぐな姿勢を支えて肘を腰の脇にもってくる。
様々な動きの中で姿勢を一定に保つのは、等尺運動的な筋力と集中力がいる。
これまで散々「一定に」「静かに」と注意されてきたけれど、
固定して、動きにまかせて、脱力して死体のように乗っているのは間違いだった。
乗馬的には「常に一緒に動いて」「常に集中して」ということ。
■ここ数回続けてのびのびした走りができて気持ちよかったのだが、
今日はのびのびの一歩手前まで。
特に速歩はコチゴチした感じが強くて
「痛っ」と馬が言っているような気がしてつい軽速歩をしてしまった。
■駆歩は、とりわけ雑に乗ってしまった気がして反省。
駆歩の手綱がゆるゆるになるのが気になって仕方ない。
駆歩しながらでも手綱を持ち直すゆとりが出てきたものだから、かえって
「外方手綱は弛んじゃダメなのよね」
「内方は引き過ぎると内方前肢が前出できなくなるだっけ」
「馬の首は内側に向いてなきゃいけないし…」といろいろ思い浮かぶ。
いつでも気持ちよくピンと張っているようにするにはどうすればいいのかと
あれこれやっていると、
「もちぇさん拳下げて」
「踵使ってもいいからもう少し馬を前に出して、身体は後ろ〜」といつもの注意。
まずは基礎固めが先決というわけ。
■駆歩で蹄跡行進から斜めに手前を換えるというコース取りなのだが、
「次のその次のコーナーに視線をやって下さい」と4%先生にアドバイスされる。
視線が下向きでバランスが前に出ているから注意されたのだろうが、
2つ先を見るとどんどん蹄跡の内側に入っていく【霧丸】
「まっいいか」で走ってしまったが、内側に傾き過ぎていたのかもしれない。
私の「今日も頑張るからね!」という意欲が前屈み姿勢に出ているのを自覚する。
前向きな気持ちと前傾姿勢が連動したり、怖くてしがみつく時も前傾したりと
乗馬はとことん普段の身体の動きと反している。
〈私がどうなのか〉と考えるのではなくて〈私を乗せた馬がどうなのか〉を
感じ取らなくてはだめなんだろうな。
■止まりにくいことで有名な【霧丸】だが、
待機中の常歩では自由自在に止まったり曲がったり歩いたりしてくれる。
レッスン中に「とまれ〜」と号令がかかると、
2歩も3歩もグイグイ進むのにどうしてなんだろう。
「もちぇさんがリラックスしていると馬にもよく伝わるんですよ」と言われる。
〈リラックス vs. やるべきことをしっかり馬に伝える〉
今の私には対立概念でしかない。
意図的にリラックスできるようになりたいぞ。

■これにて、紆余曲折の2006年乗馬日記はおしまい。
来年はさらに高度な「リラックスした乗馬」を求めて頑張りたいと思います。
1年間のご愛顧ありがとうございました。
私を乗せてくれた愛しい馬たち、厳しくも愛情あふれるご指導をいただいた先生方、
暖かく支えてくれた会員の皆様ありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

ニタコ

私も馬に優しく乗りたいのですが、そうなった時はきっとプロになっているかも~っとか思います。
来年もがんばるぞ~。。
by ニタコ (2006-12-30 21:20) 

もちぇ

「馬を苦しめる乗り手でありたくない」と願っても現実はそうもいかず…
ただ、これまで体を張って教えてくれた練習馬たちの苦労に報いるためには、ただただ上達するしかないのだと自分に言い聞かせています。
ニタコさんの所は、馬も犬もいつも一緒の環境にあって普段の生活の一部ですよね。
かえって緊張しなくていいのかも。
生き物すべてが調和してやさしい関係でいられるように
新しい年もお互いに頑張りましょう。
by もちぇ (2007-01-01 11:08) 

chari

こんにちは、先日はお邪魔しました!
いやー個人的には楽しい時間だったんですが、
他の方にはご迷惑おかけしましてすみませんm(__)m
またしばらくしたら、あの馬に乗せてもらいに行こうと思います。

今年もよろしくお願いします。
by chari (2007-01-04 15:05) 

もちぇ

3鞍連続騎乗お疲れさまでした。
chari さんの日記を読むと
「ふむふむ、あの馬はそういうタチなのか」と
上級者の別の視点から理解できて、大変勉強になります。
ぜひぜひ、また【アウグス】に乗りに来て下さい!
お待ち申し上げております。
by もちぇ (2007-01-04 17:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。