So-net無料ブログ作成

389鞍目 グプタの両手前 [第11章 初級競技会挑戦編]

2006-12-25(Mon) 初級クラス75 通算389鞍目
■無事クリスマスも有馬記念も終わって、あとは年末の片付けがぼちぼち。
主婦たる者、大掃除やお正月準備に精魂込めなければならないのだろうが、
乗馬が優先順位第1位なのだ。
■本日は【チャンドラ・グプタ】で【アウグスティヌス】と2騎部班。
4%先生の下乗りのお陰で、最初から【グプタ】はぐいんぐいんと進む。
この馬の背中が大きく動いて、騎乗している自分の身体が揺さぶられる感じが好き。
「馬に動かされる感じを大切に」と教官によく言われる。
ただ、重い馬に乗っていると無意識のうちに「もっと動け、止まるな」と
人のほうが焦って暴れてしまい、この感じにたどり着けない。
どうやったら、重い馬やちょこちょこ動く馬をここまでもっていけるのか?
下乗りしてもらえない時はアンラッキーだと片付けるわけにもいくまい。
私には、たとえ部班でご迷惑をかけるにせよ〈焦らず脚を使い続け〉
〈わずかな反応でも必ずリリースする〉という原則が実行できたためしがない。
ものすごいエネルギーと忍耐が必要なのだから。 
■とまあ、よく動いて反応してくれる【グプタ】お陰で
巻き乗りや輪乗り、蛇乗りなど内方姿勢とその入れ替えの練習が楽しくできた。
「巻き乗りの中心を決めて上半身を向けて」
「巻き乗りに入った所に出られるように」
「これから行く方を見て」
4%先生には視線の向きを注意されるが、その本意は私の身体バランス修正。
何度目かの巻き乗りの時に気がついたのだ。
「あれっ?私って内側に傾いでいるじゃない」
馬の頚を見つめて手綱で曲げようとする私は、前屈みで円の内側に倒れ込んでいる。
かっこ悪い…
「自分の背中が巻き乗りの中にいる人に見えないように」と
かつてアドバイスされたことを思い出す。
「馬の腰が視野に入って、馬体が弓なりになるのが確認できるように」とも。
上体を起こして偉そうな姿勢で馬の首から腰までが視野に入るように内側に身体をねじる。
途端に【グプタ】はすうと巻き乗りしてくれて「ビンゴ!」と教えてくれる。
かくも乗り心地が違うのだから鳥肌が立つ。
■他に注意されるのは、相も変わらず「内方脚は腹帯の後ろで使って」
馬の動きが悪くなってあれこれ努力していると
「脚が流れてます、膝が出ないように!」
この負の連鎖にいつも忸怩たる思いがする。
馬がスムースに動かないからつい私もバランスを崩すのだ。
いや、私のバランスが悪いから馬がスムースに動けないとも言える。
この悪循環を断ち切るには、
「あせらない平常心、あきらめない厳格さ、相手の反応に繊細に応える公平さ」
そして自分と馬に対する
難しい…
■さらに、出稼ぎあけから言われるようになったのが、
「手綱がお留守になっている」
軽速歩から速歩に座ったとたん「弛んじゃいましたね」
「馬が手綱を引っ張っている感じが速歩になっても変わらないように」
「もう一度軽速歩から、はい速歩!」
両手の手綱張力センサーを最大限にして、上体の姿勢が崩れないよう座る。
今度は張力に変化なし。
「馬が気持ちよく走っていたでしょう」
たしかにリズムが崩れなかった。
これまでいかに手綱を無神経に扱ってきたか!
「騎乗者のバランスがとれないうちは難しいですよね」とフォローしてくださる教官。
ひとつずつレンガを積み上げていくようなものだ。
■駆歩は、右左の両手前でなんとか。
発進の合図には敏感に反応してくれるのだが、
どわっと前に出る駆歩に遠い記憶がかすめる。
「身体を立てて!」
そうそう、馬が前のめりにならずに済むバランスを探してあげなきゃ。
なんとか馬がおちつくところが見つかりそうで、すぐ見失う。
【グプタ】の駆歩が難しかったことを思い出す。
あーあ、わたしの深層が緊張し始める。
せっかく6週間のお休みを入れてリセットしたのに…
そのせいか右手前の輪乗り常歩で既にイヤイヤを始める【グプタ】
姿勢がとれないと駆歩発進はできない。
軽速歩で【グプタ】と私が右手前の輪乗りができることに課題変更。
落ち着いたリズムで馬も私も楽に動くことが目標。
なんとか目標クリアで今日は終了。
■「もちぇさん、【グプタ】の駆歩に乗れるようになりましたものね」と
馬場から出る時に声をかけてくださる教官。
確かに「怖いよ〜」としがみつくのではなしに、
「馬が焦らないで済む乗り方を探さないと」と馬場1周は続けられるようになった。
これはこの1年の進歩。
でも、気持ちや意志があっても身体が自由に動くようになるにはまだまだかかる。
もどかしいけれど、頑張りがいのあることだ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

ここから私のホームページまで足をのばしてくださった方がいて
再開を知りました。
私、今年はあまり乗れなかったんだけど
来年は馬三昧の年にしたいと思っています。
がんばりまょうね!!
by (2006-12-25 18:09) 

もちぇ

ひなさん、ご無沙汰しておりまして申しわけありません。
出稼ぎ後半は正月明けから1月の下旬まで続くんです。
またまたお休みいたしますがお許しください。

ひなさんのブログは動画あり写真ありでいつも身近に感じられます。
ヨットもやっていらしたなんて、すごい!
運動経験なしで乗馬を始めた私にとってはうらやましい限り。
長く続けるうちにはいろいろな出来事にぶつかりますが、
いつまでも馬に乗り続けたいです。
ひなさん、応援ありがとうございます♡
by もちぇ (2006-12-25 22:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。